2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年4月1日 | トップページ | 2007年7月1日 »

2007年4月 7日 (土)

韓国でのOuDia評

Googleで何となく "OuDia" をキーワードにして検索して見たところ、検索結果に韓国語のサイトがあることに気づきました。そこを見てみると、OuDiaで作られた韓国鉄道の京義線のダイヤグラムがありました。

http://manchurian.tistory.com/19

僕が2005年に利用したときの京義線は通勤列車(各駅停車)のみの運転だったのですが、このサイトを見ると、2006年7月から『臨津江ライナー』なるセマウル号(日本の在来線特急相当の列車)があるように読めます。これはほんとでしょうか(僕は韓国語が堪能ではないので、間違っていたらどなたか教えてください)。

で、この記事の下のほうにはOuDiaについてのコメントがありました。韓国人の方にお訊ねしたところ、要約すればこんな内容が書かれているそうです。

「OuDiaはインターフェースがちょっとビミョー。意外に便利な機能があるかと思うと、意外にすごくおかしい部分もあって、能率があがらない。WinDIAがもっと強い感じですが、これも韓国語環境ではよくない...」・・・・はは・・・・(^^; 。

しかし、OuDiaにも外国人ユーザーがいたんですねえ。OuDiaは日本語に特化した処理(列車名の縦書きなど)があるため、英語版Windowsですらまともに動かないと思っていたんですが。一体どんな風に動作するんでしょうね。

OuDia 開発の経緯-5b
『グリッド形式ビュー』の開発(2001年2月~2005年5月)


『グリッド形式ビュー』の開発(2001年2月~2005年5月)

OuDia 開発の経緯-5b 『グリッド形式ビュー』の開発 からの続き)

 実際に『グリッド形式ビュー』を自分で作ってみると、やはりプログラムはなかなか複雑なものになりました。これを、分かりやすい構造で、それなりに利用しやすく、なおかつ拡張性のある設計にまとめあげるまでには、設計の修正と試作を何度も繰り返すことになりました。

 また、試作品の頃の『グリッド形式ビュー』は、今よりもずっと動作が遅いものでした。OuDiaの『時刻表ビュー』に使うためには、横方向500列・縦方向100列程度で、しかも数字がぎっしり並んだ画面を実用的な速度で表示する必要がありましたが、この頃の『グリッド形式ビュー』は、行や列の数が多くなるのに従って動作速度はどんどん遅くなりました。横500列の表となると、単に表示するだけで4秒程度の時間がかかるという始末で、とても実用に耐える代物ではありませんでした。
 これが限界のはずはありません。WinDIAは、同じくらいの数の表を迅速に表示できています。遅いのは明らかに設計がまずいからです。
 これも、高速化に向けて設計の修正を何度も繰り返して、ようやく実用化可能な速度になりました。

 ※ なお、この試行錯誤の過程で、表示の速いフォントと遅いフォントがあることに気がつきました。例えば、文字の横幅が一定の『MS ゴシック』と、プロポーショナルフォント(横幅が文字によって異なるフォント)の『MS Pゴシック』とで表示速度を比較した場合、『MS ゴシック』の方が断然速いのです。このため、OuDiaではデフォルトのフォントを『MS ゴシック』にしています。

 OuDia開発のスタート(2000年後半)で、2000年後半ごろに自由な時間が多く取れるようになった・・・と述べましたが、2001年の年末頃からは再び仕事が忙しくなりました。それ以後は、土日の、それもたまに開発するだけという状態だったので(土日のうちの片一方は朝寝して終わりでしたし、連休は旅行がしたいですし・・・)、開発の進捗は非常に遅いものでした。特に、2001年8月から2003年11月までの2年余りは全く手をつけていません。こんな調子でしたから、『グリッド形式ビュー』の最初の試作品の設計を始めてから、現在のOuDiaに採用している『グリッド形式ビュー』の試作品が完成するまで、何と4年もかかってしまいました。

« 2007年4月1日 | トップページ | 2007年7月1日 »