2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« OuDia開発の経緯-7
OuDiaのドメインモデリング(2005年5月18~19日)
| トップページ | ダイヤグラムを画像ファイルに出力する機能 »

2007年7月18日 (水)

ユーザーズマニュアルを改訂しました

もう数日前のことになりますが、ユーザーズマニュアルに一部追記を行いました。

2.1.2.7.列車の入力についての補足 には、『2.各駅停車の入力をしてもダイヤグラムの形状が不自然な場合は・・・』の項を追加しました。

どうも、「時刻を入力すると、ダイヤグラムビューのダイヤが垂直になってしまう」という現象で困っておられる方が結構いらっしゃるようです。この現象は、「ダイヤグラムビューが駅間距離(駅間最小所要秒数)を計算するのは、ダイヤグラムビューを新しく開いた時だけ」という仕様に起因します。このため、ダイヤグラムを開いた状態で時刻を入力しても、その結果は既に開いているダイヤグラムビューには正しく反映されず、垂直線になったりするわけです。

僕自身は、時刻をある程度入力し終えてからダイヤグラムビューを開くという使い方を想定していた(また、僕自身もそんな風に使っている)ため、この仕様で不自由を感じていませんでした。しかし実際には、ダイヤグラムビューを開いたまま時刻入力を開始し、その結果がダイヤグラムに正しく反映されないことに困惑するユーザーの方がいらっしゃるようですね。今回のマニュアルの追記は、そのような方の疑問に応えることを目指したものです。

2.3.13. 支線が分岐する路線を構成 には、「分岐駅の着時刻・発時刻は必ず入力しなくてはなりません」という主旨の記述を追記しました。現在のOuDiaは、支線を持つデータを構成した場合、分岐駅の着時刻・発時刻を空欄にすると、ダイヤグラムビューでは列車線が表示されない という制約があります。この現象についての記述が、マニュアルでは抜けていました。

OuDiaは、用途・ユーザー層がかなり限定されたソフトです。このため、作者である僕が想定していた範囲内の使われ方しかされない(というか、そうそう変な使い方もできない)ものだと思っていました。しかし、一般公開をしてみると、想像していなかったような使い方をする人がたまに現れて、驚かされることがあります。

そんな奥の深いソフトだとは思えないんですがねえ。

 

« OuDia開発の経緯-7
OuDiaのドメインモデリング(2005年5月18~19日)
| トップページ | ダイヤグラムを画像ファイルに出力する機能 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186995/15794585

この記事へのトラックバック一覧です: ユーザーズマニュアルを改訂しました:

« OuDia開発の経緯-7
OuDiaのドメインモデリング(2005年5月18~19日)
| トップページ | ダイヤグラムを画像ファイルに出力する機能 »