2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年8月4日 | トップページ | 2007年8月11日 »

2007年8月 5日 (日)

OuDiaのソースコードの公開を検討しています

 最近になって、OuDiaのソースコードの公開について考えるようになりました。 つまり、フリーソフトウエア(『無料の』ではなく、『自由な』ソフトウエア)への移行です。
 ※ このあたりの用語の定義は、 フリーソフトウエアの定義 を参考にしました。 

 プログラム開発のことをご存知でない方のために説明しますと、ソースコードとは、プログラム言語で書かれたプログラムの原本のことです。これを公開することにより、(プログラミング言語の分かる人なら)誰でもOuDiaの改造版を作成することができます。

 フリーソフトウエアへの移行を考え始めた大きな理由は、OuDiaをホビーユース以外で利用していて、しかもOuDiaの機能追加を求めている方が、少ないながらも存在することが分かったからです。今の僕は本業が結構多忙になってしまい、そのような方のご要望に応えることは、時間的に難しくなっています。また、大変申し訳ないのですが、僕自身が必要と思えないような機能については、積極的に開発をする気にはなれません。
 しかし、ソースコードの公開を行うことにより、OuDiaの機能追加を必要とする方に対して、少なくともその可能性を提供することはできるのではないか、と思い始めています。

 ただし、ソースコードを公開するにあたっては、著作権をはじめとする権利関係について、明確にしておかなくてはならないと考えています。そんなわけで、最近、 GPL  をはじめとするフリーソフトウエアライセンスについて調査を始めました。でも、GPLも最近になって改版されてGPL v3になったところであり、その日本語訳がまだ出回っていなかったりするので、調査に難渋しています。

 いずれにせよ、現在のところは、僕自身がフリーソフトウエアへの移行のメリット・デメリットをちゃんと理解できていません。このブログをお読みの方で、フリーソフトウエアを発表した経験のある方、ぜひとも体験談を教えてください。

 まあ、僕はOuDiaで利益を得ようとは思っていないので、著作権侵害で大騒ぎする気はありません。ただ、法的なトラブルに巻き込まれて、今後の開発活動が妨げられるようなことだけは避けたい、それだけです。

« 2007年8月4日 | トップページ | 2007年8月11日 »