2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年3月29日 | トップページ | 2008年4月19日 »

2008年4月16日 (水)

OuDia Ver0.05 を公開しました

 このたび、OuDia Ver0.05 を公開しました。実に、9ヶ月ぶりのバージョンアップです。

 今回の変更点は以下の通りです。

  1. 時刻表CSVファイルへのエクスポート』機能を追加しました。

  2. 路線ファイルのプロパティ』 の[ダイヤグラム画面] の設定に、[ダイヤグラムの既定の駅間隔] を追加しました。

  3. ダイヤグラムビュー』 に、メニューコマンド [表示]-[更新] を追加しました。

  4.  路線ファイル(.oudファイル) のフォーマットが変わりました。

 1.は、2月9日に公開したOuDia時刻表変換ツールを、OuDia本体に組み込んだものです。
 「OuDia時刻表変換ツール」は、公開以来のダウンロード回数は311回でした。作者としてはこの結果を「それほど多くの需要はないのかな?」と受け止めています。しかし、幸いにして不具合の連絡も寄せられなかったので、OuDiaの 正規の機能に昇格させました。
 これに伴い、OuDia時刻表変換ツール は、公開を終了させていただきました。

 2.は、支線を持ったダイヤデータでの利用を狙った機能です。僕自身が ハルツ狭軌鉄道 のデータを作って感じたことなんですが、従来のOuDiaで長大な路線データに支線を作ってしまうと、ダイヤグラムでは支線の終点と本線との間の駅間隔が極端に狭くなってしまい、見にくいものになってしまうんですね。今回の機能は、この問題に対する僕なりの回答案です。

 

« 2008年3月29日 | トップページ | 2008年4月19日 »