2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« FAQ:「ダイヤグラムの列車線が垂線になってしまう」 | トップページ | OuDia Ver.0.05.02 - 時刻表での列車種別固有フォント »

2008年4月26日 (土)

OuDua Ver0.05 でのファイルフォーマット変更

 今回(OuDia Ver0.05) のバージョンアップで、.oudファイル(OuDia路線ファイル)のフォーマットを変更しました。

 一応補足いたしますと、「ファイルフォーマット」というのは、データをファイルに保存する際の仕様・約束事のことです。.oud ファイルで言えば、

  • Rosenmei= で始まる行に路線名を記録する
  • KitenJikoku= で始まる行にダイヤグラム起点時刻を記録する

といった仕様に従ってファイルへの保存を行っています。これがファイルフォーマットです。

 ほとんどのユーザーの方にとっては、ファイルフォーマットがどう変わろうが、OuDiaでファイルを開いて保存することができれば問題はないはずです。このため、ファイルフォーマットの変更に関する話は、鉄道とは全く関係ない、プログラム開発についての話です。従いまして、今回の記事は、ほとんどの方には「何のことやら」だと思いますが、まあ、こういう回もあるということで、ご勘弁ください。

 今回のファイルフォーマット変更における最大の変更点は、列車データなどにつけていたインデクス( [ ] で囲まれた、0から始まる通し番号) をやめたことです。従来の .oud ファイルは、このインデクスがあるおかげで、変更の差分をとるのが困難でした。インデクスをやめることで、修正前と修正後の差分をとりやすいファイルにしよう、というのが今回の変更の狙いです。

 .oud ファイルを差分のとりやすいテキストファイルフォーマットにしたのは、 .oud ファイルをバージョン管理システム( CVS・SubVersion など) で扱うのに適した形式にしたかったからです。多くの人が1つの.oud ファイルに情報を持ち寄ってデータを充実させていく、そんな使い方ができればいいなあ・・・という思いが今回のフォーマット変更の動機です。

 といっても、バージョン管理サーバをたてる予定が具体的にあるわけではありません。貧乏な僕にはそんな力もありませんしね。しかし、せめてそういうことを実現するにふさわしいファイルフォーマットにはしておこうと思ったのです。

 とはいえ、ファイルフォーマットの変更は、 .oud ファイルを扱うアプリケーション(CocoDia ほか)の開発者やユーザーの方にはご迷惑をおかけすることになります。このことについては、まことに申し訳ありません。

 

« FAQ:「ダイヤグラムの列車線が垂線になってしまう」 | トップページ | OuDia Ver.0.05.02 - 時刻表での列車種別固有フォント »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186995/40997191

この記事へのトラックバック一覧です: OuDua Ver0.05 でのファイルフォーマット変更:

« FAQ:「ダイヤグラムの列車線が垂線になってしまう」 | トップページ | OuDia Ver.0.05.02 - 時刻表での列車種別固有フォント »