2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« OuDia Ver.0.05.02 - 時刻表での列車種別固有フォント | トップページ | Visual Studio 2008 の導入-その後 »

2008年5月 3日 (土)

Visual Studio 2008 の導入

 このたび、自宅PCのソフトウエア統合開発環境(※)を更新しました。

 従来は、Visual Studio 6.0 という統合開発環境を使っていました。しかし、Visual Studio6.0 は 1998年の発売で、今となっては古臭いものになっていました。これを最新の Visual Studio 2008(Standard Edition)に置き換えました。

※統合開発環境: 簡単に言えば、ソフトウエアを作成するためのソフトウエアです。詳細は、こちらを参照。 

 Visual Studio のバージョンアップは、6.0 以降、.NET・.NET 2003・2005・2008 と小まめに行われていました。しかしながら、安サラリーマンの僕には、Microsoft のバージョンアップのたびに万単位(ものによっては十万単位) の支出をするわけにはとてもいかなかったんですね。このため、Visual Studio のバージョンアップをずっとためらってきたんですが、さすがにそれにも限界が来て、このたび一気にバージョンアップを行ったわけです。

 というわけで、早速OuDiaを Visual Studio 2008 でビルドしてみました。すると、古い Visual Studio 6.0 では発見できなかったバグが露見して大汗をかくという始末。10年ぶりのバージョンアップの効果を早々に見せ付けられる羽目になりました。これ以外にも、開発効率を上げるための新機能がいろいろと追加されています(特に、IntelliSence が比較にならないほど賢くなっています)。

 今回リリースした OuDia Ver0.05.03 は、Visual Studio 2008 による最初のOuDiaとなります。

 僕としては、OuDia Ver.0.05.03がうまくインストールができるかどうかが心配です。Visual Studio 2008 のインストールと同時に、僕のPCにはWindowsの最新モジュールが導入されているようです(Microsoft .NET Framework 3.5 など)。このため、他のPCで同じように動作するか否かの検証が難しくなってしまいました。 特に心配なのは、以下のような動作環境です。

  • Windows Update をあまり行っていないPC
  • Microsoft Office がインストールされていないPC
  • OSがWindowsXP以外のPC(これは「サポート外」という言い逃れはできますが・・・)。

 そのようなわけで、インストールに問題が起こった場合は、ぜひ作者にお知らせください。この場合、以下の情報をお寄せいただければありがたいです。

  •  WindowsのOSのバージョン([スタート]→[コントロールパネル]→[パフォーマンスとメンテナンス]→[システム]で確認できます)
  • .NET Framework のバージョン([スタート]→[コントロールパネル]→[プログラムの追加と削除]で確認できます)
  • Windows Installer のバージョン([スタート]→[コントロールパネル]→[プログラムの追加と削除]で確認できます)

« OuDia Ver.0.05.02 - 時刻表での列車種別固有フォント | トップページ | Visual Studio 2008 の導入-その後 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186995/41075840

この記事へのトラックバック一覧です: Visual Studio 2008 の導入:

« OuDia Ver.0.05.02 - 時刻表での列車種別固有フォント | トップページ | Visual Studio 2008 の導入-その後 »