2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年6月3日 | トップページ | 2008年6月10日 »

2008年6月 5日 (木)

ショートカットキーの変更について-2(テンキーへの対応)

ショートカットキーの変更については、テンキーで時刻入力をなさっている方から「通過の入力が効率悪くなった」とのコメントを頂戴してしまいました。

ああなるほど、とは思いましたが、僕自身はノートPCしか持ってないので、テンキーを押すという発想そのものがありません。このため、問題点が実感できませんでした。
こんな状態で、人に言われるがままにソフトの仕様を二転三転させるようでは開発者失格でしょう。

まずは実証実験が前提・・・というわけで、家電量販店にUSBテンキーパッドを見に行きました。一番安いのでも1400円くらいするのを見て「結構高いな・・・」と考え込んだあげく、その一番安いのを購入しました。
折しも、通勤用の靴を履きつぶしてしまい、新しいのを買う必要もあったため、痛い出費でした・・・。

僕が時刻入力を行う際は、

  1. 同じ停車駅の列車をコピー
  2. 始発駅時刻を繰下げ
  3. 主に 列車の駅時刻の連続1分修正 で、コピーした列車を修正。2分以上の差があるところだけ、『駅時刻のプロパティ』ダイアログで時刻修正

というやりかたがほとんどでした。このため、数字キーを操作する割合自体、そもそも少ないんですね。ゆえに、テンキーを買ってまで数字を速く打鍵したいとは、これまで思えませんでした。

とはいえ、買ったからには入力の実証実験をしなくては・・・ということで、本数が少ない割には興味深い路線として、ほくほく線を選択しました。

かくして、ほくほく線の時刻入力を開始したわけですが、前述の方法ではほくほく線のダイヤはうまく入力できません。これは、ほくほく線の列車は時刻表に現れない信号所が多く、駅間所要時分がバラバラだからです。結局、コピー・ペーストをベースにした入力はあきらめて、1本1本を連続入力モードで入力していくはめになりました。

こういう状況ではテンキー入力は便利なんだなあ・・・ということを僕は初めて知ったのでした。このため、テンキーの '-' は特例として、 Ctrl なしで通過に割り当ててもいいのではないかと思い始めています。

※ でも、それをメニューにどうやって表示すればいいんでしょう・・・? 

« 2008年6月3日 | トップページ | 2008年6月10日 »