2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年6月10日 | トップページ | 2008年9月29日 »

2008年6月17日 (火)

OuDia Ver.0.05.04 を公開しました

この場でのご報告が遅れましたが、6月15日、OuDia Ver.0.05.04 を公開しました。
変更点は、以下の通りです。

1. メニューコマンド [編集]-[やり直し] を追加しました。

2. 時刻表ビューの一部のメニューコマンドのアクセラレータキー(ショートカットキー)を変更しました(テンキーによるショートカットキーを追加しました。)

  • [駅時刻]-[通過]: Ctrl+ '-' , テンキーの '-'
  • [駅時刻]-[経由なし]: Ctrl+Shift+ '-' , テンキーの '/'

3. 時刻表ビューの『列車の駅時刻の連続1分修正』機能に、以下のメニューコマンドを追加しました。

  • [駅時刻]-[(フォーカスを移動せずに)駅時刻を-1分]
  • [駅時刻]-[フォーカスを前へ]
  • [駅時刻]-[(フォーカスを移動せずに)駅時刻を+1分]

 1.は、世の中のソフトでは当たり前のようにある機能を、遅ればせながらようやく搭載したという感じです。

 2.は、 Ver.0.05.03において、テンキーを使って時刻データを入力しておられるユーザーの方からの「通過の入力が効率悪くなった」というご意見への回答ですが、いかがでしょうか。

 3.は、『列車の駅時刻の連続1分修正』 機能の増強です。
 もともとこの機能は、時刻入力の高速化を模索している過程で、「1分の時刻修正は、キー操作1回で実行できるべきではないか」というところから考えた仕様でした(OuDiary - OuDiaプログラム開発日誌: OuDia開発の経緯-15 時刻入力高速化の試み(2006年1月9,10日)。これをさらに、2分以上の時刻修正にも適用したい、と思って搭載した機能です。

 もっとも、ご意見をお寄せくださるユーザー様の傾向を拝見しておりますと、『列車の駅時刻の連続1分修正』 機能は、あまり使われていないようですね。でも、僕自身はこの機能こそが、時刻データ入力の主力操作であると考えています。だからこそ、この機能のショートカットキーを、最も操作しやすい右手ホームポジション付近の  'J'・'K'・'L' キーに集中させているんです。

« 2008年6月10日 | トップページ | 2008年9月29日 »