2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 高野マリンライナーに乗車 | トップページ | 名古屋~阪神間の移動ルート5: 近鉄急行乗り継ぎ »

2008年11月 8日 (土)

時刻表ビューの幅の設定(6桁の列車番号)について

 先日公開した OuDia Ver.0.05.05 では、6桁の列車番号に対応するために時刻表ビューの幅を設定可能にしました。

 これについて、あるユーザーの方から
 「『回0000M』のような列車番号は、半角6桁幅では切れてしまう。一般の時刻表を見れば、『列車番号の桁数に応じて文字の幅を変える』のが正しい手法ではないか」
という内容のご意見を頂戴しました。

 実は、Ver.0.05.05 を公開する時点で「○○鉄道では7桁がある」といったご意見が寄せられるのではないかという気はしていました。しかし、『回』は予想してなかったです。

 今回の6桁対応にあたり、「列車番号のフォントを指定可能にして、小さいフォントを使えるようにする」ということは考えました(桁数に応じて、というところまでは考えてませんでした)。しかし、試しにExcelで小さいフォントを配置してみると、ディスプレイ上では文字がつぶれて判読困難になってしまい、これもいまいちだなあ・・・と思いました。この結果、とりあえず時刻表ビューの幅を広げて、それをしばらく使ってみることにしました。

 「『回0000M』を表示するために、どうしても7桁幅にしたい」ということでしたら、それは可能です。 .oud ファイルをテキストエディタで開き、

JikokuhyouRessyaWidth=5

と書かれた行を

JikokuhyouRessyaWidth=7

に修正してみてください。

 

« 高野マリンライナーに乗車 | トップページ | 名古屋~阪神間の移動ルート5: 近鉄急行乗り継ぎ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186995/43045747

この記事へのトラックバック一覧です: 時刻表ビューの幅の設定(6桁の列車番号)について:

« 高野マリンライナーに乗車 | トップページ | 名古屋~阪神間の移動ルート5: 近鉄急行乗り継ぎ »