2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年12月31日 | トップページ | 2009年2月1日 »

2009年1月 4日 (日)

ダイヤグラムビューに、[停車駅明示]機能を試作-2

年末に、ダイヤグラムビューに、[停車駅明示]機能を試作 という記事を掲載したところ、

「○の代わりとして、下りの停車は▽、上りの停車は△というように、上下で記号を変えてみるのはどうでしょうか。」(シティーライナー様)

というコメントを頂きました。ご意見ありがとうございました。

僕としても興味があったので、停車マークを三角形にしてみました。以下は、その結果です。

福井鉄道ダイヤグラム

うーん、微妙なところですね・・・。

神明や三十八社で下り停車と上り停車が重なっていますが、やはり分かりにくいですね。
また、小さい三角形は形が崩れてしまい、○に比べると画面の見た目がガサツな印象になってしまった気がします。

とはいえ、こういう見た目に対する印象は、個人の好みにも左右されますので、選ぶのが難しいです。みなさんはどんな印象をお持ちでしょうか?

三重交通バス・伊勢志摩スカイライン線に乗車

三重交通バス 伊勢志摩スカイライン線1月1日正午、私の乗った伊勢志摩スカイライン経由内宮前ゆきバスは鳥羽バスターミナルを出発した・・・

この「三重交通バス・伊勢志摩スカイライン線」は、年始の1月1日~4日までの間しか走らない路線バスです。これに乗るため、新年早々は伊勢にやってきました。


伊勢志摩スカイラインは、朝熊山の稜線を走る有料道路です。乗ってみると、車窓から望める伊勢湾の展望はなかなかのものです。山頂の展望台では15分ほどの休憩がとられており、この時間帯にはバスから出て眺望を楽しむことができます。しかし、なにしろ真冬の山の上なので、冷たい風が吹きすさんでおり、とても15分を屋外で過ごせるものではありませんでした。

朝熊山 朝熊山

乗れば結構楽しい路線バスで、年間に4日にしか乗るチャンスがないのはもったいないなあと思いましたが、車内はガラガラでした。
これは、周知不足も原因のような気がします。JR時刻表の2009年1月号でも、この路線バスは【運休中】となっており、JR時刻表からこのバスをプランに組み入れることは不可能です。これでは、よほどの物知りでもなければ、このバスを選ぶことはできません。

今年はこのバスに乗れるチャンスは、今日(1月4日)限り、興味のある方はぜひどうぞ。

鳥羽バスターミナルでは、このバスが出るのはターミナルから離れた1番のりばです。
また、内宮前では、このバスは正規のバスターミナルには停まりません。内宮の鳥居の近くにある臨時バスターミナルからの発着になります。
分かりにくいので、みすみす乗り逃さないように注意してください。

時刻表は、三重交通のサイトから閲覧可能です(http://businfo.sanco.co.jp/menu/hen-pdf/newyeardaiya_2009.pdf)。

« 2008年12月31日 | トップページ | 2009年2月1日 »