2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年3月13日 | トップページ | 2009年4月25日 »

2009年3月21日 (土)

名古屋~阪神間の移動ルート 6:阪神なんば線+アーバンライナー

2009年3月20日14:07、私の乗った名古屋発近鉄アーバンライナーは大阪難波ゆきは、大阪難波の3番のりばに到着した。今日は「阪神なんば線」の開業日。それまでは降車専用ホームだった3番ホームは、今日から神戸方面ゆきのりばとなったのである。ホーム上は、「阪神なんば線」のお試し乗車の人で一杯である。

ほどなく3番のりばに、今日から新登場の、奈良発神戸三宮ゆき快速急行がやってきた。私も快速急行に乗り込む。車内もホームと同様に試乗客で混んでおり、座ることはできなかった。

難波~西九条間が、今日から開通になった新線区間である。しかし、大部分が地下区間であるうえ、地上区間も線路は囲いで覆われており、車窓の見所はない。快速急行は、そんな新線区間を9分ほどで走りぬけ、西九条に到着した。

西九条から尼崎までは、昨日まで西大阪線と呼ばれていた区間である。この区間には、昨日までは各駅停車しか走っていなかった。その区間を、新登場の快速急行はノンストップで走りぬける。この様子も新鮮だ。

快速急行は、尼崎からは阪神本線を走って神戸に向かう。もうここからは、完全に乗りなれた路線・見慣れた風景である。

今までは、アーバンライナーを使って名古屋から阪神間の本宅に移動する場合は、難波と梅田で地下鉄との乗り換えが必要だった。そして、地下鉄との乗り換えは階段の上り下りを伴うため、荷物があるときは特に億劫だった。
それが今日は、近鉄名古屋から乗り換え1回・しかも階段を使っての乗り換えを行うことなしに、自宅最寄り駅に着いてしまった。

その便利さの実感は、自宅最寄駅で快速急行を降りてから湧き上がってきた。私は、待望の路線の開通を喜びつつ、三宮へ向かう快速急行をホームで見送ったのである。

 

« 2009年3月13日 | トップページ | 2009年4月25日 »