2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Doxygen をバージョンアップすると、ドキュメントが文字化け | トップページ | 富山都心線(環状線)に乗車 »

2009年12月26日 (土)

Virtual Image Printer driver

Virtual Image Printer driver を初めて使ってみました。これを使うと、家にプリンタがなくても、コンビニにあるコピー機を使って、OuDiaの時刻表・ダイヤグラムを印刷することができます。僕のようにプリンタを保持していない人には、非常に役に立つソフトです。フリーソフトウエアなので、無料で利用できます。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20071107_virtual_image_printer_driver/
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/06/27/okiniiri.html
http://sourceforge.net/projects/imageprinter/
http://code-industry.net/index.php

各種WEBサイトを見ると、このソフトは2007年11月には存在していたんですね。全然知りませんでした。

僕は現在、転勤先の名古屋に住んでいます。しかし、この名古屋の家にはプリンタがありません。このため、ダイヤグラム・時刻表の印刷は、兵庫県の実家に帰省したときに行うようにしていました。しかし、これでは名古屋で急にダイヤグラムの印刷が欲しくなったときには対応できません。

そこでネットを検索してみた結果、Virtual Image Printer driver の存在に気付きました。
Virtual Image Printer driver は、仮想プリンタドライバの一種です。プリンタへ印刷を行う代わりに、印刷イメージの画像ファイル(.例:jpeg )を作成してくれるというものです。
これをインストールしておくと、OuDiaで[ファイル]-[印刷]を選択し、プリンタ『Image Printer』を選択して印刷を行うことにより、プリンタへの印刷結果のJPEGファイルを作成することができます。
このJPEGファイルをUSBメモリに保存してコンビニ(例:サークルKサンクス)に持って行き、コンビニのコピー機でUSBメモリ上のJEPGファイルを印刷することにより、ダイヤグラムの印刷ができました。

こうして兵庫県の実家のプリンタで印刷するよりもはるかに高画質のダイヤグラムを得ることができたわけですが、この方法の最大の欠点は、コンビニでの画像ファイルの印刷代が高いことです。A4紙1枚の印刷が100円もします。

「それなら安価なプリンタを購入したほうが安上がりでは?」と思われるかもしれません。しかし、僕にとっては名古屋の家は「あくまで仮住まい」なので、可能な限り安くて狭い部屋としました。このため、新たにプリンタを置くスペースがありません。
僕にとってはプリンタの購入は、もう少し広い住宅への転居の検討が必要なため、簡単には実施できないのです。

今のところ僕には、名古屋に永住するつもりはありません。このため、「仮住まいにモノを増やしたくない」というのが正直なところです。

 

« Doxygen をバージョンアップすると、ドキュメントが文字化け | トップページ | 富山都心線(環状線)に乗車 »

コメント

はじめまして、いつもOuDia愛用させていただいております。

コンビニでの印刷について書かれていたのでお礼のつもり(?)でちょっとした情報を書かせていただきますねw

もし、ご近所にセブンイレブンがあるのならば、ネットプリントなんていかがでしょう?

http://www.printing.ne.jp/

印刷したいファイルをPCからアップロードし、セブンイレブンの複合コピー機でファイル番号を指定すると印刷できるという仕組みです。
端末で入力するのはファイル番号だけなのでFAX的な使い方もできます。

JPEG対応なので、Virtual Image Printer driveでJPEG出力するという現行の方法でも大丈夫なのですが
個人的にはPDF出力してしまうのがおすすめです。(PDFにも対応しています。)
自分はPDFの作成にBullZipというフリーソフトを使っています。フリーながら高機能です。

http://www.pdf-soft.com/freesoft/free01H.html
(紹介ページ)

Virtual Image Printer driveと同様に仮想プリンタとして動作します。


ネットプリントのメリットは、ディスクを持っていく必要がなく紛失のリスクがないというのもありますが、何よりもその料金が安いということです。
モノクロなら全サイズ1枚20円で、カラーでもA3以外なら60円、A3カラー100円です。

どうしても列車毎の色分けしてわかりやすくしたいというほどでなければモノクロ20円というのは大きいと思います。
複数枚欲しければその出力された1枚を10円コピーで増刷すればいいわけですし。

自分は、A3にA4の内容を2つまとめたPDFを作って半分に切るという裏技まで使ってますw

「印刷→BullzipでA4・2ページのPDFを作成し、Adobe Readerで再び印刷→Bullzip」というのが手っ取り早いですね。
(Adobe Readerの印刷オプションでは複数ページを1枚に印刷する設定が可能。)

ご参考になれば幸いです。

宇奈月さま、はじめまして。
このたびは有用な情報をありがとうございました。
次の機会には、セブンイレブンのネットプリントを使ってみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186995/47123919

この記事へのトラックバック一覧です: Virtual Image Printer driver:

« Doxygen をバージョンアップすると、ドキュメントが文字化け | トップページ | 富山都心線(環状線)に乗車 »