2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年10月3日 | トップページ | 2010年10月24日 »

2010年10月23日 (土)

コマンドプロンプトを使えない人たち

 近年では、ソフトウエア開発現場でも、Windowsのアクセサリにある『コマンドプロンプト』を使えない人の割合が増えてきました。
 というより、「『コマンドプロンプト』が何をするためのものなのかも知らない」という人の割合が多くなってしまいました。

 まあ、『コマンドプロンプト』でできることは『エクスプローラ』でできるため、無理して『コマンドプロンプト』を使う必要は全然ないんですが・・・。

 それにしても、世代の違いを感じてしまいます。
 僕が仕事でパソコンを使い始めたのは、Windowsが普及する以前の、MS-DOSの時代でした。このころは、まず『コマンドプロンプト』が使えなければ、パソコンでは何もできませんでした。

 この時代を経ている僕にとっては、『コマンドプロンプト』を使うことには何の抵抗もないんですが、Windowsが普及した以降にパソコンを使い始めた人にとっては、『コマンドプロンプト』を使う用事そのものがないですね。これでは、「コマンドプロンプトを使えない人」になるのは当然ではあります。

 しかし、そんな僕をもってしても常々思うのは

  『コマンドプロンプト』の使い方に関する情報は全く足らない

ということです。

 まず第一に、『コマンドプロンプト』自体に『ヘルプ』がありません。
 Windowsのヘルプにも、『コマンドプロンプト』に関する分かりやすい説明はありません。『コマンドプロンプト』で使うコマンドのリファレンスは一応ありますが、検索は非常に困難です。

 特に、バッチファイル関係の情報が不足しています。バッチプログラムを作っているときに、時々「どう書けばよかったかな?」と迷うことがあります。そんなときにWindowsのヘルプを見ても、答えが載っていなかったり、あるいは載っている場所がなかなか見つからずにイライラすることがあります。

 これでは、「コマンドプロンプトを使えない人」が「使える人」になるのは非常に困難です。入門書の代わりになるようなWebサイトがでもあればと思って探していますが、どなたかご存知ありませんか?

« 2010年10月3日 | トップページ | 2010年10月24日 »