2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« OuDia Ver.1.01.03 のリリース準備中 | トップページ | 年末年始は風邪でした »

2011年12月11日 (日)

時刻表ビューの [表示]-[全時刻を表示] を試作

 時刻表ビューのメニューコマンド [表示]-[全時刻を表示] を試作しました。

 これはON/OFFトグル方式のメニューコマンドです。このメニューのチェックをONにすると、ダイヤグラムビューは、(駅のプロパティの『駅時刻形式』には関わらず)全時刻の着時刻・発時刻を表示します。

 これは主に、非表示の着時刻の入力ミスをすばやく見つけられるようにするための機能です。今でもしばしば、「ダイヤグラムビューで列車線が垂直になります。原因は何ですか?時刻入力に誤りはありません。」というメールを頂戴します。このような方のデータをお送りいただいて拝見すると、原因はたいてい、時刻表ビュー上では非表示の着時刻の入力ミスです。

 このようなミスを迅速に発見する効果があるかと思って作成した機能ですが、効果の有無は今のところ未知数です。少し使ってみたうえで、採用するか否かを決めたいと思います。

« OuDia Ver.1.01.03 のリリース準備中 | トップページ | 年末年始は風邪でした »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186995/53460274

この記事へのトラックバック一覧です: 時刻表ビューの [表示]-[全時刻を表示] を試作:

« OuDia Ver.1.01.03 のリリース準備中 | トップページ | 年末年始は風邪でした »