2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年1月29日 | トップページ | 2012年3月31日 »

2012年2月 5日 (日)

Subversion の導入に苦戦

 自宅のPCに、Subversion の導入を試行しました。

 現在、OuDia はCVSでバージョン管理を行っています。OuDiaにCVSを使い始めたのは2007年1月3日・OuDia Ver 0.04.07 からです。

 OuDiaは一人で作成していますので、バージョン管理システムなんておおげさな、とも思いましたが、当時既にOuDiaのソースコード量は8万行以上になっていて、バージョン管理は大変になっていました。このため、バージョン管理システムを導入すれば変更箇所を調べるときに便利なのでは、と思って導入しました。

 この当時、 Subversion という新たなバージョン管理システムがあり、CVSの後継になりつつあることは知っていました。しかし、Subversionは全く使ったことがなかったのに対し、 CVS は仕事場で使い慣れていて導入のハードルが低かったため、まずはCVSを導入したのでした。

 Subversionの導入試行は今回が初めてではなく、何度か試行しては断念を繰り返してきました。最大の理由は、Windows上のGUIクライアントソフトに使いたいと思えるものがなかったからです。もっとはっきりいえば、WinCVSと同じように使えるクライアントソフトがなかったからです。現状、Windows上のCVSクライアントソフトとしてはTortoiseSVN が多く使われているようですが、エクスプローラ拡張であるという点に、抵抗を感じてしまいます。

 他のWindows上のGUIクライアントソフトとして、 RapidSVN というのも以前からありました。今回もこれを試してみましたが、RapidSVNでは

 copy もしくは move 後にcommit の操作を行うと、ローカルの作業コピーが壊れてしまい、以後一切のリポジトリ操作がエラーで失敗する(エラーメッセージの例: アクション実行中にエラー: Working copy '<filename>' locked)

という問題に毎回ぶつかってしまいます。

 RapidSVNは、通常使う update,commit,diff,status などのコマンドは、それなりに便利に扱うことができます。このため、通常の操作はRapidSVN・copy,move だけはコマンドラインツールを使うことも考えました。しかし、コマンドラインツールでチェックアウトした作業コピーでRapidSVNを使うことはうまくいきませんでした。作業コピー管理ファイルのフォーマットに互換性がないようです。

 SubversionもいつのまにかApache.orgのプロジェクトとなり、今ではCVSにとって代わってバージョン管理システムの主流になっているようです。このため、僕としてもそろそろSubversionに移行しないと、乗り遅れてしまいそうだとは思います。しかし、Windows上のGUIクライアントソフトの問題がいまだに解決しないのには困ってしまいました。

新富士駅を利用してみました

先日初めて新富士駅を利用してみました。

このときは、沼津から名古屋への帰りでした。『青春18きっぷ』や『休日乗り放題きっぷ』を使っているのなら、JRの普通列車を乗り継いで帰るところです。しかしこのときは普通きっぷベースでの移動でした。せっかくの機会なので、新幹線利用、それも利用したことのないルートをとってみることにしました。

JR富士駅から新富士駅までは2kmほど、バスで7分です。バスは平日昼間は30分毎ですが、運行が17時台で終わってしまいます。出張帰りの時間帯に利用できないというのは残念なものです。

(富士駅~新富士駅間の時刻表)。

僕が乗ったのは平日の富士駅17:05発ですが、乗客は僕を含めて2人だけでした。これが新富士駅に着くのは17:13ごろでしたが、下りのこだま669号は17:13発。接続は最悪でした。

バスでたどり着いた新富士駅の周囲は、郊外住宅地にある私鉄の駅前、という感じです。北側の駅前には居酒屋・不動産屋があるものの、物販店は見当たりません。南側には、1階に不動産仲介店と新幹線チケット販売機・2階はコンビニ兼カフェ、という多目的な店があります。このカフェは、手ごろな値段で食事がとれるようです。営業は 20:00 までです。

新富士駅の構内には、駅弁販売もある売店・富士市の観光案内所・和食のレストランがあります。しかし、和食のレストランは高級志向で、1000円未満で食べられるものがひとつもありません。

20:00を過ぎて駅内外の全部の店が閉まると、ひもじい思いをしそうな駅だな・・・そんなことを考えつつ、僕はこだま号で新富士駅をあとにしたのでした。

« 2012年1月29日 | トップページ | 2012年3月31日 »