2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« OuDiaのホームページが200000アクセス | トップページ | 終着駅の駅時刻形式を『着時刻』とする例外扱いを廃止 »

2012年5月30日 (水)

UNICODE対応『OuDiaU』が登場

 OuDiaをUNICODE対応に改造したソフト『OuDiaU』 が公開されました。作者は、orgelsori 氏です。

 OuDia では、テキスト入力(駅名・列車名など)に使える文字は、英数字と日本語に限定されています。このため、海外の鉄道のデータを作成する際、それらの国の文字で駅名や列車名を入力することができません。

 OuDiaU は、この問題を解決しています。OuDiaUでは、韓国・中国・台湾やそのほかの国のダイヤデータを入力する際にも、その国の文字で駅名を入力することができます。

 OuDiaU作者の orgelsori(오르골소리) 氏は、韓国の方です。韓国語での駅名入力を実現するために、OuDiaUをお作りになったとのことです。最初に頒布されたOuDiaUは、すべての画面表示を韓国語に訳した韓国語版でした。しかしその後、日本人ユーザー向けに、日本語表示のOuDiaUも提供してくださいました。

 僕自身、韓国・中国・台湾への旅行のときにダイヤグラムを印刷して持参したことがあります。しかし、駅名や列車名をその国の文字で入力できないことには、不足を感じていました。仕方ないのでアルファベットで駅名を入力していましたが、現地の駅名標と手元のダイヤグラムの表記が一致しないのが少々不便でした。また、台湾の場合、列車種別名『莒光』が表示できないのは何とも惜しいものでした。

« OuDiaのホームページが200000アクセス | トップページ | 終着駅の駅時刻形式を『着時刻』とする例外扱いを廃止 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186995/54833320

この記事へのトラックバック一覧です: UNICODE対応『OuDiaU』が登場:

« OuDiaのホームページが200000アクセス | トップページ | 終着駅の駅時刻形式を『着時刻』とする例外扱いを廃止 »