2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 終着駅の駅時刻形式を『着時刻』とする例外扱いを廃止 | トップページ | コンテキストメニューを導入 »

2012年7月 2日 (月)

時刻表ビューの [表示]-[全時刻を表示] を試作-3

 OuDiaの時刻表ビューのメニューコマンド [表示]-[全時刻を表示] の試作を始めてから、すでに半年以上が経ってしまいました。

 最初の試作イメージでは、駅時刻の指定されていない途中停車駅の時刻表示が "・・" 表示になっていました。 [表示]-[全時刻を表示] がONになると、列車の途中停車駅の多くが "・・" 表示になってしまうため、見づらくなってしまいました。

 現状の試作版では、駅時刻の指定されていない途中停車駅の時刻表示が "○" になります。

 僕としては、 2011年12月11日 のものよりは、見やすくなったように思いますが、いかがでしょうか。

 なお、 "○" は、[表示]-[全時刻を表示] がオンのときだけでなく、オフのときにも表示されます。

« 終着駅の駅時刻形式を『着時刻』とする例外扱いを廃止 | トップページ | コンテキストメニューを導入 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186995/55100074

この記事へのトラックバック一覧です: 時刻表ビューの [表示]-[全時刻を表示] を試作-3:

« 終着駅の駅時刻形式を『着時刻』とする例外扱いを廃止 | トップページ | コンテキストメニューを導入 »