2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« コンテキストメニューを導入 | トップページ | 路線ビューにコンテキストメニューを追加 »

2012年7月15日 (日)

メニューコマンド[列車番号で一本化]を新設

 次のOuDiaでは、時刻表ビューに[時刻表]-[列車番号で一本化]を追加します。

 時折、2つの路線ファイルを合わせて1つのファイルにしたい場合があります。たとえば、東海道山陽本線の東京~博多間のファイルと、九州新幹線の博多~鹿児島中央間のファイルを合わせて、東京~鹿児島中央間のファイルを作りたいような場合です。

 このような場合、今までは

  1.  駅ビューで[ファイル]-[路線ファイルの組入れ/切り出し]-[路線ファイルの組入れ]を実行する
  2.  時刻表ビューを開き、フォーカスセルを組入れを実施した駅に合わせて、メニューコマンド[時刻表]-[並べ替え]を行う。
  3.  列車を1本ずつ、メニューコマンド[駅時刻]-[直通化] で、直通化する

という手順を経る必要がありました。

 今後は、上記 1. を実行した後で[時刻表]-[列車番号で一本化] を行うと、OuDiaは全列車を、列車番号をもとに一本化します。これにより、複数の路線ファイルの結合作業が大幅に楽になります。

 ただし、この機能は、全列車の列車番号が完璧に入力されているファイル同士でないと、うまく動作しません。この条件にあてはまらない場合は、従来のように1本ずつ手作業で、列車を直通化するしかありません。

 また、乗り入れ駅を境に列車番号が変わる路線でも、この機能はうまく動作しません。たとえば、東北・山形・秋田新幹線では、新幹線から在来線に入るときに列車番号が変わってしまいます。このような列車を、[列車番号で一本化]コマンドで一本化することはできません。

 現在のところ試用中ですが、上記のような制約があるため、この機能が有効に使える場面は意外と少ないことも分かってきました。

« コンテキストメニューを導入 | トップページ | 路線ビューにコンテキストメニューを追加 »

コメント

ご無沙汰しています。
いつもoudia便利に利用させていただいています。
この機能ですが、のどから手が出るほどほしかった機能です。私は、現在、名古屋地区在住なのですが、名鉄、近鉄などは線をまたいで直通する列車が意外に多く、2線以上を同時に表示させる場合はかなり手間がかかりました。近鉄なんかは、名古屋線、山田線、鳥羽線、志摩線を一表にしたり、名鉄でも犬山線~鶴舞線、名古屋本線と一表であらわしたいときなど、また首都圏でも湘南新宿ラインや、埼京線~川越線、りんかい線や、京急~都営浅草線など、この機能があれば、格段に作業効率が向上します。欲を言えば順番も並び替えてくれるとなおよいのですが、そこまでは難しいですね。公開が待ち遠しいです。では、よろしくお願いします。

どうも、川島鉄道管理局長です

この機能よりも、JR時刻表などを開いてもらうと分かるかと思いますが、本文中に発着番線や、入線時刻を記述できる機能を追加してください

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186995/55201302

この記事へのトラックバック一覧です: メニューコマンド[列車番号で一本化]を新設:

» OuDia Ver.1.02 [西宝号情報局のブログ]
ダイヤグラム作成の際にお世話になっているフリーソフト『OuDia』の最新版ver.1.02が公開されました。 ダウンロードは公式サイトへ。 今回のバージョンアップで拡充された機能は、いろいろあり、公式サイトのバージョン履歴に載っています。 なぜかバージョン履歴には載っていませんが、ブログで機能追加が予告され、実際にver.1.02実装された機能があります。 「列車番号で一本化」というメニューコマンドです。 複数の路線にまたがる路線は、例えば阪急千里線と大阪市営地下鉄堺筋線があります。このような... [続きを読む]

« コンテキストメニューを導入 | トップページ | 路線ビューにコンテキストメニューを追加 »