2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年8月23日 | トップページ | 2012年9月30日 »

2012年8月31日 (金)

バージョン管理システムをCVSからSVNに変更

 OuDiaのバージョン管理を、CVSからSubversionに変更しました。

 Subversionの導入は、今年の2月ごろから試行を重ねてきました(2月5日4月21日 )。その結果分かってきたのは、以下のようなことです。

  •  クライアントソフト Subcommander の使い方が徐々に分かってきたこと
  •  OuDiaがバージョンアップを重ねるにつれて、CVSの動作が不安定になってきたこと。
  •  CVSの欠点も顕在化してきたこと。また、その欠点が今後のOuDiaの予定を考える上で問題になること。

 OuDiaの開発はVer.1.02 をリリースした直後で、切りのいいところです。また、次のOuDiaの変更予定は、 『時刻表ビューの右ボタンメニューの不具合』の修正ですが、これは小規模な変更になります。このため、開発ツールを置き換えるのにはちょうどよい時期でした。

 CVSで管理していたソースをすべてSubversionに移行するには、2日ほどかかりました。手間がかかったのは、OuDia のソースが多かったことのほか、『リリース用.zip 作成プログラム』の変更と動作テストに手間がかかったのが理由です。

 『リリース用.zip 作成プログラム』は、以下のような動作をするプログラムです。

  1.  すべてのソースファイルを、Subversion(従来はCVS)からエクスポート(チェックアウト)する
  2.  チェックアウトしたファイルから、リリース用の.zipに必要なファイルを選ぶ
  3.  リリース用のソースファイルの先頭部に、コピーライト表記を書き込む。
  4.  コピーライト表記を書き込んだソースファイルを、リリース用の.zipファイルに格納する。
  5.  リリース用.zipファイルを解凍し、ソフトウエアのビルドを試行する。

 この一連の動作には、1時間近くかかります。しかも、途中でビルドエラーが出たら、ソースコード・もしくは『リリース用.zip 作成プログラム』を修正してSubversionにコミットし、『リリース用.zip 作成プログラム』の実行を最初からやり直しです。こんなことの繰り返しで、時間がかかってしまいました。

« 2012年8月23日 | トップページ | 2012年9月30日 »