2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 時刻表ビューの右ボタンメニューの不具合 | トップページ | namespaceで名前を短縮 »

2012年8月31日 (金)

バージョン管理システムをCVSからSVNに変更

 OuDiaのバージョン管理を、CVSからSubversionに変更しました。

 Subversionの導入は、今年の2月ごろから試行を重ねてきました(2月5日4月21日 )。その結果分かってきたのは、以下のようなことです。

  •  クライアントソフト Subcommander の使い方が徐々に分かってきたこと
  •  OuDiaがバージョンアップを重ねるにつれて、CVSの動作が不安定になってきたこと。
  •  CVSの欠点も顕在化してきたこと。また、その欠点が今後のOuDiaの予定を考える上で問題になること。

 OuDiaの開発はVer.1.02 をリリースした直後で、切りのいいところです。また、次のOuDiaの変更予定は、 『時刻表ビューの右ボタンメニューの不具合』の修正ですが、これは小規模な変更になります。このため、開発ツールを置き換えるのにはちょうどよい時期でした。

 CVSで管理していたソースをすべてSubversionに移行するには、2日ほどかかりました。手間がかかったのは、OuDia のソースが多かったことのほか、『リリース用.zip 作成プログラム』の変更と動作テストに手間がかかったのが理由です。

 『リリース用.zip 作成プログラム』は、以下のような動作をするプログラムです。

  1.  すべてのソースファイルを、Subversion(従来はCVS)からエクスポート(チェックアウト)する
  2.  チェックアウトしたファイルから、リリース用の.zipに必要なファイルを選ぶ
  3.  リリース用のソースファイルの先頭部に、コピーライト表記を書き込む。
  4.  コピーライト表記を書き込んだソースファイルを、リリース用の.zipファイルに格納する。
  5.  リリース用.zipファイルを解凍し、ソフトウエアのビルドを試行する。

 この一連の動作には、1時間近くかかります。しかも、途中でビルドエラーが出たら、ソースコード・もしくは『リリース用.zip 作成プログラム』を修正してSubversionにコミットし、『リリース用.zip 作成プログラム』の実行を最初からやり直しです。こんなことの繰り返しで、時間がかかってしまいました。

« 時刻表ビューの右ボタンメニューの不具合 | トップページ | namespaceで名前を短縮 »

コメント

はじめまして、ゆきもよと申します。
旅に出る際は、OuDiaでダイヤグラムを制作し、それを計画を立てることから旅行中の運用把握、延いては乗車履歴の確認まで、大変便利に使用させていただいております。
これからもご無理の無い程度で活動を続けていただければと思います。

さて、僭越ながら機能追加の要望をさせていただきたく思います。
時刻表ビューの状態で、列車を複数選択し、それらの列車番号末尾に特定の文字(MやDなど)を追加できるようにはできないでしょうか。
列車を入力していく際に、そのほとんどはテンキーで入力できるわけでありますが、電車列車・気動車列車の列車番号末尾の入力は文字入力が必要になってしまいます。
(この辺りはtake-okm様もよくお分かりかと思います)

とんちんかんな要望でしたら申し訳ないのですが、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

ゆきもよさん、こんにちは。
列車のプロパティの設定機能については、変更の構想を持っています。ご要望については、すぐの対応はできませんが、そのときに参考にさせていただきます。
ただ、「列車番号末尾に特定の文字(MやDなど)を追加」するだけなら、正規表現置換機能のあるテキストエディタを使えば簡単にできますよ。当面は、そういう方法を検討してみてはいかがでしょうか

質問ですが32ビットwin7starterでは動きますかね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186995/55548685

この記事へのトラックバック一覧です: バージョン管理システムをCVSからSVNに変更:

« 時刻表ビューの右ボタンメニューの不具合 | トップページ | namespaceで名前を短縮 »