2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年3月8日 | トップページ | 2014年4月30日 »

2014年3月30日 (日)

はじめて特急『はくたか』に乗りました

3月29日、はじめて特急『はくたか』に乗りました。

狭軌で時速160km/hを出す特急は『はくたか』だけ、しかも、運転は来春の新幹線金沢開業までです。その乗り心地は一度は体験しなくては、と思っていたのですが、それがようやく実現しました。

僕の乗ったのは金沢12:07の『はくたか13号』でした。北陸-東京間の連絡列車、しかも今日は土曜日なので混むと思っていましたが、金沢発車時点での自由席は1車両に10人程度、越後湯沢到着直前でも30人程度と、拍子抜けするほど空いていました。

ほくほく線内では160km/h運転をしているはずですが、そのような案内放送や車内表示はありません。正直、車窓の流れる速さや体感だけでは、120km/hと160km/hの違いはほとんど感じられませんでした。直線走行時の横揺れが加わったかな?という程度でした。

その後、久々に上越線のループ線区間を通って高崎に来てみると、ホテルがどこも満員です。この時期になぜ、著名観光地でもない高崎のホテルが満員になるのか?と不思議でしたが、高崎駅前を歩いてみると、地元ではなさそうな学生服姿やジャージ姿の学生グループが目立ちます。どうも、スポーツか何かの催物があるようでした。

翌日は高崎を早朝出立で旅程を考えていたので、高崎で泊まれないとなると、旅程が成立しなくなります。これはもう出直すしかないと判断し、僕は早々に上越・東海道新幹線を乗り継いで帰宅したのでした。

翌日のニュースを見ると、関東は『春の嵐』というほどの悪天候。日程を切り上げたのは、むしろ正解だったのかもしれません。

« 2014年3月8日 | トップページ | 2014年4月30日 »