2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年9月21日 | トップページ | 2014年10月5日 »

2014年10月 4日 (土)

廃れてしまったトラベラーズチェック

トラベラーズチェックの使い残しがあったので、近くの銀行で払い戻そうとしました。AMERICAN EXPRESS の日本円建てトラベラーズチェックです。

窓口での手続きには、思った以上に時間がかかりました。窓口の行員さんは、AMERICAN EXPRESS に電話をかけて、トラベラーズチェックの番号を照会し、透かしを確認するという手間が必要なのでした。空港の両替所や大都市の支店など、トラベラーズチェックの扱いに慣れているところなら、もう少しスムーズに進むのだろうと思いますが、今回払い戻しを行ったのは住宅都市の支店なので、不慣れなのも仕方ないかな、と思います。

AMERICAN EXPRESS のサイトでは、

「アメリカン・エキスプレス・トラベラーズ・チェックの日本国内での販売は2014年3月31日(月)をもちまして終了させていただきました。」

と記されています。以前は、『海外旅行の必需品』の一つとされていたトラベラーズチェックでしたが、今では時代遅れで、廃れてしまったんですね。

現在は、クレジットカードを持っていれば、現地のATMで現地通貨を入手できます。国際キャッシュカードでも同じことができます。トラベラーズチェックは、使用時に番号照会等で時間がかかるケースが時々ありますが、ATMでの現地通貨調達には時間がかかりませんし、営業時間の制約も小さいです。

加えて、日本円を両替するよりも、キャッシングをする方が得なケースもあるようです。先日イギリスに行ってきましたが、イギリスでは日本円を英ポンドに両替するよりも、クレジットカードによるキャッシングで英ポンドを入手するほうが、はるかに安上がりでした。

ATMが不自由なく使える国では、クレジットカードや国際キャッシュカードの方が便利なのは明らかです。これでは、トラベラーズチェックのメリットはなく、廃れてもしかたがないな...と思いました。

« 2014年9月21日 | トップページ | 2014年10月5日 »