2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 生駒発西田原本経由新王寺ゆきの臨時急行 | トップページ | 久々に韓国の「セマウル号」に乗車 »

2014年10月11日 (土)

三重交通バス上野天理線

10月5日は、三重交通バスの上野天理線にも乗ってきました。

DSCN1173DSCN1174

上野天理線は、伊賀鉄道の上野市駅と奈良県の天理駅を結ぶ路線バスです。しかし、本数は減り、今は土曜・休日に1日1往復、平日の運行は無くなっています。

平日も、バス路線自体はつながっています。運行系統が、奈良交通の天理駅~国道針・国道針~国道山添と、三重交通の国道山添~上野市駅に分かれます。

15時18分、僕の乗った上野市ゆきバスは、天理駅を出発しました。乗客は、僕を含めて2人だけです。

この路線は、天理~国道山添までは、名阪国道を走ります。名阪国道は高速道路相当の自動車専用道なので、高速バスのような走りっぷりです。国道五ヶ谷のあたりはオメガカーブの連続する上り坂なので、ときどき奈良盆地の眺望が開けます。

ところが、国道山添をすぎると、バスは旧道に入り、突然山村ローカルバスの風情に変わってしまいます。治田インターからは再び自動車専用道に戻り、高速バスの走りになります。この温度差が、上野天理線ならではの面白さです。

16時29分、バスは時刻どおり上野市駅に到着しました。2人だった乗客のうちの1人は国道針で下車。以後乗車客はなく、上野市まで僕1人の乗車になりました。これでは本数削減も当然だと思いました。

上野天理線のバスの行き先は、昔は「上野産業会館ゆき」となっていました。上野産業会館は、上野市駅前にあるビルの名前で、三重交通のバスターミナルも1階に入居していました。しかし、ビルはかなり老朽化していました。

今回上野市駅前についてみると、上野産業会館は「ハイトピア伊賀」という新しいビルに変貌していました。

DSCN1177

上野市からは伊賀鉄道に乗ったのですが、その伊賀鉄道も、車両が近鉄の古い電車から、もと東急1000系に様変わりしました。車内の雰囲気も、かつての田舎電車の風情から、近代的なものになっています。僕は、そんな変化に戸惑いつつ、家路についたのでした。

DSCN1179

DSCN1178

« 生駒発西田原本経由新王寺ゆきの臨時急行 | トップページ | 久々に韓国の「セマウル号」に乗車 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186995/60460471

この記事へのトラックバック一覧です: 三重交通バス上野天理線:

« 生駒発西田原本経由新王寺ゆきの臨時急行 | トップページ | 久々に韓国の「セマウル号」に乗車 »