2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三重交通バス上野天理線 | トップページ | 四日市あすなろう鉄道に乗車 »

2014年12月13日 (土)

久々に韓国の「セマウル号」に乗車

久々に韓国の列車「セマウル号」に乗ってきました。
2014年11月27日13時28分、私の乗った「セマウル号」益山(Iksan)ゆきは、ソウルの龍山(Yongsan)を出発しました。

DSCN1194 

セマウル号は、2004年に高速鉄道KTXが開通するまでは、韓国最速・最優等だった列車種別です。座席は日本の特急列車のグリーン車並みで快適です。なお、車内販売はありませんが、編成内に売店が設置されています。

DSCN1216

KTX開通前のセマウル号は、ソウル~釜山間を、途中2駅停車で1時間毎に走っていました。列車編成は10両以上の長編成で、豪華な座席車に加えて食堂車も連結しており、華やかな特急列車でした。ソウル~釜山間の440kmの所要時間は4時間10分で表定速度は105km/hでした。ディーゼルを動力とする在来線列車としてはかなりの高速で、スピードも看板列車にふさわしいものでした。

今日のセマウル号は、停車駅が増えて、支線直通運行が多くなりました。乗ってみると、起点の龍山を出た時点では空席が目立っていましたが、KTXの停車しない途中駅からの乗客や、支線直通の旅客も多く、区間によっては結構な乗車率になりました。

DSCN1213

セマウル号の客車は老朽化のため、数年のうちに廃車になるそうです。その前に乗っておこうということで今回の乗車となりました。しかし、座席の快適さはともかく、車内の雰囲気はかつての看板列車だったころとは様変わりし、ローカル列車の雰囲気になりました。僕は、昔の雰囲気を思い出しつつ、セマウル号を見送ったのでした。

« 三重交通バス上野天理線 | トップページ | 四日市あすなろう鉄道に乗車 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186995/60805044

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に韓国の「セマウル号」に乗車:

« 三重交通バス上野天理線 | トップページ | 四日市あすなろう鉄道に乗車 »