2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 久々に韓国の「セマウル号」に乗車 | トップページ | 岐阜・金華山ロープウエー »

2015年4月26日 (日)

四日市あすなろう鉄道に乗車

先日、近鉄内部・八王子線から転換して発足した『四日市あすなろう鉄道』に乗りに行って来ました。

『四日市あすなろう鉄道』は、1日フリー乗車券を常時販売しています。また、路線の距離も短いので、1時間ほどで全線乗車ができます。

営業は近鉄から四日市あすなろう鉄道に変わっても、ダイヤ・車両は近鉄時代から変わっていません。このため、乗っている間の印象も近鉄時代と変わりません。

また、終点の内部や西日野駅に降りたときの「なぜここが終点?」という印象も、近鉄時代から全く変わらないですね。地域の拠点というムードは全くありません。どちらの駅も、至近に三重交通バスの停留所がありますが、いずれも単なる中間停留所です。

この内部・八王子線については、近鉄のBRT化の提案を蹴るような形で、四日市市が鉄道による運行を引き受けての発足となりました。この四日市市の英断には感服しますが、あすなろう鉄道が、老朽車両・老朽設備で構成されている路線を今後どのように維持していくのかには、注目していきたいと思います。

ところで、『四日市あすなろう鉄道』の発足は、OuDiaにとって一つの問題をもたらしています。OuDiaは、近鉄内部・八王子線のダイヤデータをサンプルとして配布しています。これをいつまでも近鉄のまま放置しておいていいのか?というのが問題点になっています。もっとも、OuDiaでは他にJR嵯峨野線(山陰本線京都~福知山間)のダイヤデータをサンプルに含めていますが、これも、すでに廃止された寝台特急『出雲』が残っていたりして、サンプルとして適切ではなくなってきています。しかし、これらサンプルの置き換えも、作業時間が確保できないため、着手できない状態が継続しています。

 

DSCN1514

DSCN1516

内部駅

« 久々に韓国の「セマウル号」に乗車 | トップページ | 岐阜・金華山ロープウエー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186995/61494540

この記事へのトラックバック一覧です: 四日市あすなろう鉄道に乗車:

« 久々に韓国の「セマウル号」に乗車 | トップページ | 岐阜・金華山ロープウエー »